2010年09月28日

STEP5 ネオデジタル内観の具体的な実践

『絶対変革』より↓↓↓↓↓


◆実践1 何のために内観をするのか書き出す

STEP1〜4のすべてのチェック項目をパスすれば、「真の気づき」は目前です。
しかし、何度も何度も繰り返してチェックしながら、いまの環境と生活とを見据えてください。
ここからは、ネオデジタル内観の具体的な方法に入ります。
第二章でも述べたように、ネオデジタル内観を使わなければネオデジタル内観が不可能ということはありません。
そこで、このSTEP5では、パソコンを利用する場合とパソコンを使わない場合の二つのパターンを説明することにします。

では、ネオデジタル内観の実践に入ります。

@まず、何のために内観をするのかを書き出します。
ネオデジタル内観を始めるにあたり、目的意識をハッキリさせることが重要だからです。
内観の目的が変革願望というのが一般的ですが、その変革願望を具体的に書き出します。
パソコンの使える方は、「ネオデジタル内観テンプレート=ひな形(以下、ひな形と記述します)」を使い、所定の欄に記入していきます。

Aパソコンを使わない場合は、なぜ内観に関心が起きたのかをノートなどに思いつくままに書き出します。
たくさん書き出していると、その目的が明確になってきます。
そして、それが心身改善のためやコンプレックス解消のためだけである場合は、ネオデジタル内観を実施しても時間のムダになります。
ただし、その場合でも、心身改善願望を諦めて内観に取り組む道は残されています。
とりあえずそうした心身改善の願望と無縁になればいいのです。
「そうした気持ちはあるが、この際はとりあえず棚上げしておこう」と思い切ればいいのです。
そうした心身改善の願望を諦めきれない方は、最初から取り組まないほうがいいでしょう。
心身改善願望から内観に関心を持った人は、前述のチェック項目を徹底的に見直してください。

----------------------------------------------------------------
mainbg5.jpg

山本氏亡き今、テンプレート(ひな形)がない為、ワードやエクセルに打ち込んでいくしかない。
変革願望や心身改善、コンプレックス解消を内観に求めてもムダで、逆に言えば、そのような願望を持っていると内観はうまくいかない。
だが、予め言っておくと、内観をすれば「変革願望」「心身改善」「コンプレックス解消」が実現する事が多い。
問題は、それらを目的に内観をすると、内観の効果が出ないという事である。
欲望や執着をすてないと悟れないからだ。

政木和三氏は『驚異の超科学が実証された』の中で、次のようなエピソードを紹介している。

私は「1979年2月に死ぬこと」を、自分の政木フーチパターンによって7ヶ月前に知り、すべての欲望を捨て去ることによって生き延びることができました。
その頃、肝臓が悪く、医者から治療を勧められましたが、7ヶ月後に心臓発作によって死ぬことを知っていたので、治さなくてもよいといって断りました。
つまり、自分の死期を知り、目先の欲望を捨て去り、「この世はなるようにしかならない」と思うと心は大きくなり、多くの幸を与えられることになるということです。
病気という現象は、人間性の低いところでの思惟からのものであって、絶対的に欲望を捨て去り、過去完了形でものを考えることができるようになったときには、この世に不可能はなく、これから述べる事例のような結果が私たちの周辺に起こってくるのです。

昭和50年、ある夫婦が私を訪ねてきました。
「私の9ヶ月の赤ちゃんが三階から落ちてコンクリートの上に頭をぶつけました。
入院して1ヶ月になりますが、病院ではどうすることもできないといっております。
助かるかどうか教えてください」といいます。
そこでフーチパターンで測定すると、「治すことはできぬから、あきらめなさい」とのこと。
そのとおりを告げたところ、その夫婦は「今度こそあきらめました」といいます。
フーチパターンはさらに、「完全にあきらめることができたならば、次には“私の赤ちゃんがすこやかな状態に戻りました。ありがとうございました”と思え」と告げてきました。
夫婦はそのとおりに思い、悲しみの中にも安らぎの心を抱いて帰っていきました。
が、そのあとでフーチパターンは、夫婦が完全にあきらめることができれば、3日目の朝、赤ちゃんの意識が戻る、と告げました。
はたして3日目の朝に例の夫婦から電話があり、「いま赤ちゃんの意識が戻り、病院では大騒ぎになっております。ありがとうございました。
赤ちゃんの命を助けていただいて、ほんとうにありがとうございました」というのです。
そこで、「命を救い、頭を治したのは、私ではありませんよ。
あなた方ご夫婦が欲望を捨てて、赤ちゃんが元に戻ったと思ったので、あなた方の無欲のエネルギーによって、赤ちゃんが治ったのですよ」と返事をしました。
人間は欲望を捨てることは非常に難しいことですが、完全に捨て去ったときには不可能はなくなります。

また、平成2年に、ある女性から相談を受けた子宮筋腫についても、私が「小さくなったよ」といったその一言だけを信ずることによって、2〜3日で筋腫は小さくなりました。
その結果、子宮切除の難を逃れることができました。
これも無欲がなせる超常現象だといえます。


その他、「精神分裂症が10分で治った」「ガンが3日で消滅した」という話は枚挙にいとまがないが、いずれも欲望を捨てて諦め切った結果によるものである。

政木氏は言う……

私のいう「この世に不可能はない」とは、目先の欲望を捨て去ることに始まり、すべての我欲を忘れ去ったときに人間の本来のエネルギーが発揮できる状態となる、ということです。
自分の願望が、たとえ100万分の1でもあれば、奇跡は起こらないし、無限小の欲があっても超常現象は起こりません。


まず、「本当の自分」を発見する為に、様々な願望を諦めて棚上げする事が必要なのだ。
「諦めると実現する」という事が理解できれば、喜んで願望を手放す事が出来るはずである。
そして、脳波がシータ波になれば、欲望や願望は自然に消滅する。
欲望や願望を手放してシータ波の世界に入るか、腹式呼吸法やヘミシンクでシータ波にして欲望や願望を消滅させるか……。
2つの方法があるが、両方とも実行するのがベターである。

また、政木氏は次のようにも述べている。

「病気の大半はストレスによって発生しますが、背骨の損傷によることもあります。
したがって背骨の器械的な矯正が必要なときもあります。
また、背骨でも人間の意志によって軟骨板が若返り、回復することもあります」


厳密に言えば、背骨だけではなく、頚椎や骨盤など全身の骨格が心身の健康に関わっている。
「心身改善願望」は捨てても、健康管理として「神泉組1」を実践する事で、内観の効果は何倍にも何十倍になるのである。
その結果、心身改善を超越して超人進化への道が開けるのだが、それらはあくまでも結果であって、それを目的にすると、その欲望や願望が内観の邪魔になるという訳である。

変革願望を捨てなければネオデジタル内観は出来ない。
しかし、ネオデジタル内観は短期間で確実に「絶対変革」を実現するメソッドなのだ。
CA336437.jpg
posted by アンリ・クリスチャン at 06:02| Comment(0) | 第4章「ネオデジタル内観」実践法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。