2010年09月24日

◆チェック3 感情を切り離せば細部が見えるようになると思うか

『絶対変革』より↓↓↓↓↓


【デジタル思考は冷たい、あるいは、感情を切り離せば冷たくなるという人がいる。
じつに愚かなことである。
感情は感情であるために、思考を切り離せば自我がなくなり、心が一段と大きくなれる。
大きい無限大の意識こそ、すべてを生かす「愛」なのである】


感情を切り離すデジタル思考を実践すれば、客観的に細部にわたってものごとが見えるようになってきます。
しかも絶対に冷たくなるなどということはありません。
「アナログは温かく、デジタルは冷たい。犯罪をおかす人はデジタル思考の人が多い」
こんなことをいう学者がいますが、これはほんとうのデジタル思考を知らない学者です。
そのような人は世の中を混乱させ、人心を惑わせるだけです。
犯罪は、不安や恐怖や嫉妬、それに怒りなどの感情が異常に高まった結果です。
通常であれば理性でコントロールできるのですが、感情の高まりが異常であるため、感情の制御がきかずに犯罪行為におよんでしまうのです。
犯罪はあくまでも感情の異常な膨らみによる歪みであり、アナログ的行為であるということを知らなければなりません。
暴力や戦争を誘発するのもアナログ思考です。
しかし、人間の頭脳はしょせんアナログであり、完全なデジタル思考にはなりません。
しかし、ネオデジタル内観というまったく新しい方法でデジタル思考を模倣することで、真理が理解できるようになるのです。
いままで、既成観念や感情など、いろいろなことにとらわれて見えなかったことが見え、気づかなかったことに気づくようになってきます。
さらに、デジタル的に細かく細かく切り刻めば切り刻むほど、こまかなところがわかってきて、温かい思いやりなどが必然的に出てくるのです。

----------------------------------------------------------------
2194.png

日月神示にも「人間心捨てよ」とあるが、人間心とは「感情」の事である。
感情がないと人間ではないと思っている人は多い。
感情が「自分」だと信じている人が沢山いるが、それは大きな間違いである。
感情は左脳の働きによる「自我」に過ぎない。
前にも紹介したが、いくつもの惑星の輪廻を終了した存在も同じ事を説いている。

「自分で自分をコントロールするということだ。
すべての感情に縛られてはいけない。常に自分を客観的に見て、
マイナスな感情には影響されないようにすることだ」


感情を切り離すデジタル思考は、自我を消して無我(無限我)になるということなのだ。
posted by アンリ・クリスチャン at 05:16| Comment(0) | 第4章「ネオデジタル内観」実践法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。