2010年06月09日

視覚化でネオデジタル内観の成果を確認する

『絶対変革』より↓↓↓↓↓


脳波が語る調和状態

先に、脳波の変化で、アナログ思考とネオデジタル思考の違いを比較しました。
ネオデジタル思考がいかに精神状態を安定させるか、アナログ思考がいかに不安定な精神状態を招きやすいかは一目瞭然でした。
思考活動は脳波に現れますから、これを詳しく調べることによって思考の歪み点や意識の調和度が確認できます。

調和測定は、世間一般的的な脳波測定とは異なり、ベータ波とかアルファ波とかシータ波などの活動はあまり重視しません。
それらは、医療の分野やスポーツの分野などでは、脳と体の関係を調べるのに役立っていますが、心の状態、特に意識の調和度を調べるのにはあまり役立つ領域ではありません。

心の奥底の状態は、やはり脳波の深い部分を調べなければ分からないからです。
脳波は一般的には、高い波形の部分から低い波形の順に、ガンマ波、ベータ波、アルファ波、シータ波、デルタ波、そしてユプシロン状態などといわれています。

紙面の都合上ここでは詳しく述べることができませんが、調和測定は意識開発のために私が独自に開発した測定方法ですから、一般的な脳波の知識は捨てて見ていただきたいと思います。
コンピュータを使って脳波の深い領域の変化を観察し、それを視覚化することで、内観の効果がどれだけ上がっているのかを知ることができます。
また、内観の実践で意識がどれだけ浄化したのかということを肉眼で確認することができるのです。

----------------------------------------------------------------
A5E0A1BCA5F3.jpg

残念ながら、山本健二氏が他界され、後継者も居ない為、脳波の深い領域を調べる調和測定をする事が出来ない。
だが、思考や意識は脳波で現れるので、要は「覚醒シータ波」が出せるようになれば良いのである。

では、自宅で脳波を測定する為にはどうすれば良いのか。

マンモステレビや電光ニュースなど300件以上の発明をした橋本健氏が「アルファコイル」というアルファ波誘導装置を開発している。

a.JPG

主な効果は次の通りとなっている。

●意識をアルファ状態に誘導
(ファーストデルタ波〜シータ波〜アルファ波〜ベータ波まで設定可能)
 瞑想に用いると抗暗示障壁が取れ、潜在能力を引き出しやすくなる。
●浄化作用(潜在意識から悪い想念を排出)。
●気のエネルギーに似ており、気功師の出すエネルギーの数十万倍のパワー、しかも邪気を受けない。
●細胞の活性化・健康維持。植木鉢に掛けたら、菊が大輪を咲かせた等々。
●快眠、睡眠時間の短縮。
●頭の回転がスムーズに。やる気・活気・集中力・記憶力向上。
●人生にハリが出て、学習や仕事に対する意欲が湧いてくる。
●禁煙や禁酒などが容易に。性格や悪癖などの改善。考え方や行動が積極的に。明るく朗らかな性格になり、他人に好感を与え、同性や異性にもてるようになる。
●家庭が円満に明るくなる。
●インスピレーションやヒラメキの受信、発想力や企画力の発揮。
●除霊、浄霊効果。
●透視・霊視・予知能力・ESP能力の発現。
●水、食品、飲物等にあてると、強力な磁化水(良い水:まろやかな水)、磁化食品、磁化飲料に変化。

oi.JPG

それとは別に、アルファトーン31型(脳波フィードバック)という装置がある。
これは、アルファ波やシータ波が出ると音が知らせてくれ、自分で脳波を確認することが出来る器械である。

主な効果は次の通りとなっている。

1.精神的緊張をほぐす。
2.心配や不安、イライラを解消します。
3.自分の能力を効率的に最大限発揮できます。
4.勉強に集中できるようになります。
5.記憶力が増します。
6.読書能力や計算能力が向上します。
7.教育効果が増大します。
8.あがらなくなります。
9.精神集中が容易になります。
10.精神統一が上手になり集中力が養えます。
11.深い瞑想に入れます。
12.決断力が向上します。
13.物事にあわてなくなります。
14.そそかしさがなくなります。
15.よく眠れるようになります。
16.妊産婦の胎教訓練が出来ます。
17.意識活動を旺盛にします。
18.心を広くします。
19.喜怒哀楽の情動を制御できます。
20.性的感受性が高くなります。

アルファトーンはアルファコイルとの併用が薦められているが、脳波の状態を知るのが目的ならアルファトーンの使用のみで良い。
詳細は、日本超科学会のHPを御覧頂きたい。
http://www.alphacoil.com/

kui.JPG

尚、私が使用しているのは、政木和三氏が発明した「アルファシータ」という装置である。
これはへミシンクによってアルファ波〜シータ波を発生させるアイテムで、私は高校時代から使用しているが、その効果は私のお墨付きである。
しかし、残念ながら現在は販売されておらず、入手できない状態のようだ。

loh.JPG

そこで調査すると、アルファシータと同じ原理でアルファ波〜シータ波を誘導する「ダ・ヴィンチ ワールド」という製品を見つけた。
右脳開発の第一人者・七田眞氏も推薦しているので、信頼できるものである。
詳細は以下のHPを御覧頂きたい。
http://www.h-sa.jp/davinci/world/

パソコンとシータ波誘導装置によって、誰もが短期間で真我を発見し、悟りを得る事が出来るとは、まさに物質文明が極まった時代の転換期ならではの文明利器だと思わざるを得ない。

アイテムを使用しない方も心配は無用である。
そもそも、ネオデジタル内観はアイテムを使用せずに85%の成功率を誇る内観である。
それに腹式呼吸法を加えれば、100%に近い成功率になるのではないかと思われる。
パソコンを利用しない方も、別のメソッドを提供するのでご安心頂きたい。

アイテムを利用すれば、より短期間で、より深い悟りの境地に到達することが出来るので、可能な限りチョイスされる事をお薦めするが、特に今回ご紹介した「ダ・ヴィンチ ワールド」は、是非とも入手して頂きたく思う。
尚、モンロー研究所のCDもへミシンクによってシータ波にするが、ガイダンスが入っていて目的が異なるので内観には使用できない。


posted by アンリ・クリスチャン at 01:24| Comment(2) | 第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。大変興味深い内容ですね。ただブログがかなり重くて進みにくいですね。もし可能ならメール下さい。アルファコイルは現在も使ってます。パラメモリー2は過去に使ったことありました。
Posted by 流離 at 2010年12月23日 08:16
流離さん、明けましておめでとうございます。
パラメモリー2は現在は使っておられないのですか?
Posted by アンリ at 2011年01月02日 02:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。