2010年03月29日

自分が分からなければ決して満たされることはない

『絶対変革』より↓


たくさんの質問を並べましたが、答えはどうだったでしょうか。
「何が自分にとって大切か」を突き詰めていくと、最後に「自分」が残ります。
自分を大切に思うことは悪いことではありません。
自分を大切に思えない人間は、周りの人も環境も大切に思うことはないからです。
しかし、人間というものはとかく、「自分を大切に思う」ことを誤解しがちです。
特に現代人には、「自分を大切にする」ことと「自分の我、あるいは欲望を大切にすること」を錯覚している人が多いのです。

いろいろなモノを手に入れたい、お金や地位や名誉、健康も手に入れたい……。
精神的なやすやぎ、豊かな時間、冷静で的確な判断力、調和のある実行力も身につけたい……。
そうした欲望を満たすことを、自分を大切にすることと勘違いしています。
自分を本当に大切にすることとは、この世界のすべての物事と調和することです。

そこで、大きな問題が出てきます。
大きな問題とは、「では自分とは何か」ということです。
自分が分からなければ自分を本当に大切にしようがありませんし、何をすべきかも判然としません。
現代は「不安の時代」といわれています。
実世界でありながら実感が持てない現実、何のために生きているのかがはっきり認識できない自分、「どこから来てどこへ行くのか」がつかめない自分……。
そうした自己喪失の時代が現代なのです。

実体の分からない自分の内側の空白、不安という心の暗黒を埋めようと、人はいろいろなものを求めます。
自分以外の人間とのコミュニケーション、物質、宗教や精神世界でのやすらぎなど、ありとあらゆる物事で空白を満たそうと試みます。
しかし、満たされようとしても満たされないのが現実です。
仮に物質的に満たされたとしても、心の内側の不安、存在の不安が解消されることはありません。
こうして現代人は、いつまでたっても不安という迷宮の森をさまよい続けることになるのです。


転載終了

mori23.jpg

「自分を大切にする」ことと
「自分の我、あるいは欲望を大切にすること」
を錯覚している人が多いとのことだが、
これは自我を「自分」だと思い込んでいるからである。

真我である魂の意識が半覚醒すると、
「宇宙=自分」だという認識が芽生え、
さらには自分が宇宙を包み込んでいることが感覚化されてくる。

要するに、宇宙とは自分の「内側の世界」だということだが、
もちろん自我(肉体の自分の意識)では感じることはできない。

宇宙を内包している真我の認識を、
胸のセンサーが感じ取っているのである。

故に、「自分を本当に大切にする」=
「この世界のすべての物事と調和する」ということで、
「人類を平等に愛している」という表現もできる。

太陽が万物に等しく光と熱を与えているのと同じである。

人間の魂は太陽神の分魂だと言われているが、
私の感覚からすると本質的には、
太陽は自分の魂の投影(物質的顕現)なのだ。

従って、太陽瞑想も魂の半覚醒に効果的で、
もちろん「ハイパーネオデジタル内観」に導入している。

sun.jpg

精神的なやすやぎ、豊かな時間、
冷静で的確な判断力、調和のある実行力……。


これらはネオデジタル内観によって得られるものだが、
山本健二氏が指摘している通り、
そうした欲望を満たすことが自分を大切にすることではない。

また、人とのコミュニケーション、
物質、宗教や精神世界など様々なモノで、
自分の内側の空白や不安を埋めようとしても、
それは束の間の蜃気楼に過ぎず、
真我である魂の意識に目覚めなければ、
決して満たされることはないということである。

自分の外側の世界のみに目を向けて、
欲求や欲望を追い求めても本当に得られるものは何もなく、
意識進化の道を逆走していることがお分かりだと思う。

宗教はもとより、精神世界やスピリチュアルの指導者、
あるいはそれを求めて群がっている人たちは、
今一度、そのことについて内省してみた方がいいだろう。

ヒマラヤ聖者のヨグマタ相川圭子氏も、
次のように述べている。

本当の姿に立ち返りたいという望み

私たちは、常に無意識に源に還りたいと望んでいます。
自分の本当の姿に立ち返りたいと、
深い無意識の底から望んでいます。
それは、神から与えられた真の生きる目的なのです。
どんなに幸せであっても、物質的に恵まれていても、
お友達がたくさんいて、家族の愛に囲まれ、
さまざまな心の豊かさを持っていても、
何かが満ち足りていないのです。


a0040522_19131395.jpg

「何が自分にとって大切か」……

最終的に残るのが「自分」だということだが、
意識の拡大に伴って「自分」という概念は変化していく。

宇宙神霊アーリオーンは、
日本人に向けて次のようなメッセージを送っている。

「明日、死ぬとしたら、今、何が大切なのか?」

「自分と自分の身内だけ良ければいいという考え方が、この日本を駄目にした」

「まず、あなたから今までの考えや生き方を検討してみて欲しい」


明日、死ぬとしたら、今、何が最も大切なのか……
それを知ることは人生で最も重要なことである。

脳波が下がる眠りに就く前に、
自らに問いかけることが急務である。

最初は日によって違う答えが出て来るかも知れないが、
やがて本当に大切なものが見えてくるはずだ。

死を想定する事は潜在意識に悪い暗示になるのではないか?
という不安の声もあるので、その不安を解消しておこう。

まず、「死を恐れて生きろ」という話では決してなく、
アーリオーンが真剣に考えるように提案しているのである。

ff70219b.jpg

サティア・サイババも、次のように教えている。

「常に死を意識して生きていなさい。
そうする事で、あなたは常に正しい生き方を心がける事が出来る」


『日月神示』には次のように示されている。

「生命捨ててかからねば、誠の理解には入れん道理。
身慾信心では駄目。
いのち捨てねば生命に生きられん道理」


骨法という格闘技の堀辺正史は、
用心棒の仕事をしていた時、
毎日「死」を覚悟して生きていたらしいが、
次のように述べている。

「人は死を覚悟したとき、初めて生命の重さを知り、
己の生命を燃焼させる生き甲斐の発見に努めるものである」


葉隠の「武士道とは死ぬことと見つけたり」も同様の思想で、
武士にとって生に執着する事は私利や欲に通じる恥ずべきことで、
その戒めとして述べたものである。

それは生命を軽視したものではなく、
裏を返せば「生命の尊厳」を説いているのである。

そして、常に死を意識する事で、
高貴な活動力を発揮できる事を述べているのだ。

oosugi8-thumbnail2.jpg

生きとし生けるものの中で、
いずれ死ぬということを自覚しているのは人間だけで、
人間を人間たらしめているのは「死の意識」である。

通常、人は死を恐れて生きているが、
それは死を消滅だと考えているからである。

霊界の話を聞いたり本を読んだりしても、
信じない人は信じないし、
信じている人の多くも心の底からは信じ切れていない。

これは感性の問題でもあるので、
「五感で認識できない事を信じない」
という生き方は決して間違いではないし、
むしろ正しいとも言える。

私もそういうタイプの人間だが、
五感で認識できない世界に興味があった為に、
その世界の探究を続けてきて、
自ら確認した事だけが自分の中での事実となっている。

いずれにしても、死は未知なる体験であり、
死とともに意識が消えると思うから怖いのである。

そうでなければ、
輪廻を解脱する前に死ぬのが恐いのである。

何のために生きているのか、
どこから来てどこへ行くのかが分からず、
自分の我意識を「自分」だと思い、
欲望(煩悩)に支配されて不安という迷宮の森を彷徨う……

これは迷いの世界(幽界)から抜け出せていない状態で、
真我に出会うまでは輪廻を解脱できないということである。

釈迦は内観によって魂を半覚醒させ、
煩悩を滅却して輪廻を脱却することを説いたが、
「ハイパーネオデジタル内観」も同じである。

EFBD87EFBD86EFBD88EFBD8Auntitled-thumbnail2.bmp

人は死を恐れ、忌まわしい問題として避け、
心の奥底に封印している傾向にあるが、よく考えてみてほしい。

人間を人間たらしめているのが「死の意識」なら、
人は死の問題について真剣に向き合わなければならない。

また、死を遠い将来の話として
忘却の彼方に追いやっている人が多いのではないだろうか。

だが、「人間はいつ死ぬか分からない」
ということを忘れてはならない。

それは、今日かも知れないし、明日かも知れない。

それを「マイナス思考だ」とか
「そんな暗い事を考えているとウツ病になる」
と思う人は、何も分かっていない事になる。

我々は死を超越したアセンションを目的としているが、
死という(基本的に)避けて通れない問題を、
深層意識に押し込めて無視することがマイナス思考であり、
ウツ病などの要因の1つになっている可能性もある。

ウツ病も酷くなると自殺に至るケースがあるが、
それは死を恐れているからだと言えば、
さぞ反論が巻き起こるだろう。

だが、本人が自覚していようがいまいが、
潜在意識にないものは顕れないのである。

死について真剣に向き合うということは、
生について真剣に考えるということであり、
死を意識して初めて生が覚醒するのである。

imagesCA2Q0YEG-fb828-thumbnail2.jpg

私も高校時代から常に死と隣り合わせに生きてきた。

闇社会の人に誘拐されたり、殺されそうになったり、
喧嘩で生死を彷徨うような大怪我や、
死んでもおかしくない交通事故もしてきた。

当時は喧嘩による傷害致死事件や殺人事件が
身近で日常的に起きていて、
成人してからもそのような環境に
身を置いていた私は常に死を覚悟し、
命拾いをする度に自分の人生を振り返って
生き方を深く考えたものだ。

私は死の概念すらないはずの2歳の頃から
底知れぬ死の恐怖に取り憑かれていた。

数々の霊体験をし、体外離脱を繰り返す事で
霊界の実在は否定できない事実となったが、
死の恐怖から解放されることはなかった。

その死の恐怖は、魂の半覚醒が起こるまで続いた。

そんな死の恐怖に取り憑かれていた私が、
常に死を覚悟しなければならないような
無謀な生き方をしてきたのは矛盾しているが、
それ故に私はネオデジタル内観に出会う事ができた。

また、もともと繊細だった私は小学校転校後、
学校や家庭の問題で苦しみ、自殺願望も少し持った。

私は今でいうウツ病で不登校になったが、
死の恐怖と自殺願望が心の中で同居していたのだ。

その頃から極度の金縛り体質になり、
毎晩、死を覚悟して眠りに就いたものである。

実際に金縛りで力尽きて体外離脱を何度も経験し、
「死の感覚」は数え切れないほど体験してきたので、
「明日死ぬとしたら」という事をいつも考えていた。

それらの経験がなければ
ネオデジタル内観にも出会わなかっただろうし、
今の私もないので過去のすべての出来事を肯定できる。

51GX8VC2GRL__SL500_AA300_.jpg

「心の学校」の佐藤康行氏も、同様の事を述べている。

真我を体感・体得する第一の方法は、
死から生を見てみることです。
死から生を見ることによって、
生きる事の尊さ、命の大切さを体感することができる。
そのときに、真我に目覚めることができるのです。
臨死体験をした人には、まれに真我を体感する人がいます。
普通は臨死体験をすることが出来ませんから、
仮に死の視点から自分の生を見直してみるのです。
もし、明日死ぬとなったら、あなたはお金に執着しますか。
人と争いますか。物にこだわりますか。
死ぬ時は何一つ持っていけない。
そして、生きている人たちに、
出来るだけ良い思い出を残そうとするでしょう。
このように、死というものを身近に感じた時、
初めて真我がぐっと浮き彫りになってくるのです。


死から生を見ることを「未来内観」という。

人間は過去から未来という一方向の時間概念で生きているが、
生死の二元性も本質的には一元的なものであり、
その偏りを是正してバランスを良くするためにも、
ハイパーネオデジタル内観では「未来内観」も導入している。

まずは、就寝時に、
「明日、死ぬとしたら、今、何が大切なのか?」
と問いかけることから始めていただきたい。

もちろん、顕在意識で考えて答えを出すことも大切だが、
重要なことは深層意識に問いかけることである。
posted by アンリ・クリスチャン at 19:51| Comment(0) | 第1章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。